寝付きが悪い!睡眠調整ホルモンを意識してきちんと寝るには?

寝付きが悪いと嫌な気分になってしまいますね。

 

そこでこの記事では、寝付きが悪い時の対処法をお届けします。

 

寝付きが悪いので嫌な気分になってしまう・・・どうする?

 

寝付きが悪いような時は、まず一番にこの後やってもらいたいのが、実は、部屋をとにかく暗くするということなんです。

 

部屋が明るいと寝付きがわるくなりやすいです。

 

暗い方が睡眠調整ホルモンが出やすくなるからですね。

 

具体的には、睡眠調整ホルモンとはメラトニンのことです。

 

外にコンビニなどがあって夜でも部屋が明るいような場合は、遮光カーテンなどを使うのもいいですよ。

 

これで部屋をとにかく暗くすることで、寝付きが悪いときも、わりと対処できると思います。

 

そんな訳で、一番目として、部屋をとにかく暗くすることをやってみてください。

 

悪い時の対処法には、メラトニンのサプリメントを飲むのもそれなりの価値あり

 

部屋をとにかく暗くすることの次にこの後やってみていただきたいのが、メラトニンのサプリメントを飲むってことです。

 

具体的にどういうことかというと、本当は寝付きが悪いときは昼間運動するのがベストです。

 

しかし昼間運動するのは時間的に無理という人もいるでしょう。

 

そういう方にはメラトニンのサプリメントをとることを試すことをおすすめします。

 

部屋をとにかく暗くするのとメラトニンのサプリメントを飲むのは、同時にできることですし、楽々とできますから、まずこの後やってみましょう。

 

楽々とやれることではありますが、それでもだいぶそれなりの価値は期待できます。

 

という訳で、寝付きが悪い際の対処法として、部屋をとにかく暗くするのとメラトニンのサプリメントを飲むのをこの後やってみてくださいね。